ネクステアを通じて国内の会場で車を売る流れ

ネクステアを通じて国内の会場で車を売る流れ

ネクステアという業者では、国内にあるオークション会場を用いて車を売ることが可能です。
その流れは全部で6段階となるのですが、まず1段階目はネクステアに対する申し込みですね。所定のフォームに入力をして国内オークションの申し込みをする事になりますが、その際には情報が正確である事が前提です。間違った内容を入力してしまいますとオークション参加をお断りされてしまう場合がありますので、注意が必要です。

 

オークションの会場選びと出品票

 

2段階目ですが、会場選別です。実はネクステアは、複数のオークション会場と提携しています。その中からネクステアが選んでくれるのですが、上記のフォームに入力した内容を元に選ばれるようですね。もちろん会場が選ばれた後には、そこに対して車を搬入する必要があります。ネクステアの所定の業者を利用して搬入するか、顧客が自力で搬入するかのどちらかになります。
第3段階は、出品票作りです。オートオークションでは必ずその書面を作成する必要がありますが、それも上記のフォームに入力した内容によって作成されます。ですのでフォームには、やはり正確な内容を入力するべきですね。
ちなみにその際に、顧客は会場に最低金額を提示する必要があります。

 

落札と書類提出後の支払い

 

第4段階は車の出品なのですが、そこで無事に落札されれば支払い手続きへと進みます。しかし希望額に届かない場合は、流れてしまう事もありますので注意が必要です。
そして第5段階として、顧客がネクステアに対して所定の書類を提出する必要があります。そして最後に、ネクステアから落札代金が支払われる事になる訳ですね。
以上の6段階の流れで車売却が行われる訳ですが、やはり車の買取業者の流れとは全く異なりますね。総じて「依頼フォームに入力する内容の正確さ」と、「速やかな書類準備」という2点が大切かと思います。