車検を通してから車買取を依頼するべきか

車買取の依頼は車検後?

自動車というのは、とかく安全性が問われるものです。安全性が問われるゆえに、車検をを通さなければなりません。車検は、車の安全性を認めるものだからです。
基本的に車検は2年ごとに受けなければなりません。車検切れの車で走っていますと、色々と罰則が下ることもあるのです。

 

ところで車買取を検討している方々の中には、その車検が気になっている方もいらっしゃいます。すなわち車の売却を検討しているものの、ちょっと車検切れになってしまっているというケースです。そのような状況ですと、業者に「査定を依頼する前にまずは車検を通しておくことが必要」と考える方々が多いわけです。では車買取を行う前に、車検は通すべきなのでしょうか。

 

通しても通さなくても、どちらでも構いません。ただ車検を通すとなると、費用がかかります。車検にかかるための費用は状況によって色々と異なってきますが、最低でも5万円台半ばはかかるケースが多いと言われています。状況によっては、10万円程度かかるケースもあります。

 

10万円かけて売却して元が取れるなら問題ありませんが、必ず元が取れるとは限りません。元が取れないケースもある訳ですね。ですので敢えて車検を通さずに売却をするのも1つの方法です。

 

考えてみれば、それは修理も同じです。人によっては「ちょっと車が壊れているので修理をしてから車売却を依頼するべき」と考えているケースもありますが、その場合、もちろん修理費用がかかりますね。ですので修理をせずに、車売却を依頼するという選択肢もある訳です。
【ミラ買取】最高額を導き出す法則

 

ただ理想を言えば、そもそも車が車検切れではない事です。業者としては、車検切れの車よりも車検済みの車の方が売却価格は高めになるものです。ですので車検が切れる前に業者に依頼をするのが、理想的だと思います。